過疎地医療と地域医療の連携

過疎地医療において、地域医療との連携が大切なのではないかと現在においては考えられています。

この地域医療との連携を行う事によって、無医地区などが救われたという実績もあるのです。

では、どのような連携をとるのでしょうか。

簡単に言えば「医師の派遣」です。

医師の派遣において、過去においては医師個人が手を挙げて派遣希望などを募っていました。

しかしそれでは十分にまかなえないという問題があったのです。

そこで、定期的に病院側が先のような場所に訪問や出航をさせるというスタンスを取り入れたのです。

こうすることで、医師も所属先を変えずに過疎地医療にあたれるという事もありますので双方にとって利点があるというわけなんです。

地域医療との連携は当初、中々根付くことが出来ませんでした。

しかしながら、徐々にそれも受け入れられるようになり今では多くの地域と病院が連携をしているのです。

地域住民においても、生活に近いところで確保すべき医療というものを受けることが出来るようになりましたので、健康の保持や疾病の治療というものがよりスムーズになったという部分もあるのです。

また、一部地域においてはこうした連携から医療が発展するようになったなどと言うケースもあるのです。

高齢化社会が進み、過疎地と呼ばれる地域が減ったとはいえ、まだまだ医療に困っている地域が存在していますので、日夜多くの人たちが救われる医療をと過疎地医療は努力しているのです。

過疎地域自立促進特別措置法

育毛剤はフサフサヘアーに若返る【MUGEN2323】