プライマリケア医について

過疎地医療において大切なことの1つとして「プライマリケア医」が必要であると考えられています。

日本プライマリ・ケア連合学会|全ての皆様へ プライマリ・ケアとは

これは、人口密度が高い地域などにおいてはあまり取り入れられないスタンスでもありますが、地域医療や家庭医療においてもこのような考えを重要視している声もまたあるのです。

特に過疎地医療において必要だとされているプライマリケア医についてお話して行きたいと思います。

先のような地域にある病院・診療所に訪れる人は実に様々です。

専門病院などが無いという点から、その症状も外科・内科などを問わず患者が訪れるのです。

住民1人1人に対して医師が1人しかいないという過疎地域もあります。

こうした時、全ての診療をこなさなくてはならないのです。

実態として、その全てがこなせないということもあるでしょう。

訪れる患者や住民の健康的な問題を解決し、よりスムーズに治療を行う為に必要な総合的な知識や技術・能力と言ったものを持った医師のことを「プライマリケア医」と呼ぶのです。

実際に医師の派遣などを行っている場合、プライマリケア医を派遣するという方法が多いようです。

実際の治療はもちろんですが、保険活動や福祉活動などといったものも求められています。

時には、地域医療と関連し、各市町村と連携して行くというのもまた求められるのです。

まだまだ過疎地医療においては、プライマリケア医が足りていないという現状もあることから、育成に力をいれるという事も大切だと言われています。