これからの過疎地医療に求められるもの

過疎地医療において、こうした地域で医療行為を行う従事者達はどのような責務を担っているのでしょうか。

いくつかあげていきたいと思います。

先ずは治療行為。

疾病の治療や処置というものはもちろんですが、診療科目などが過疎地医療においては細分化されていません。

ですから、幅広いスタンスで診察をしていくということが大切になってくるのです。

要は、様々な住民の抱えるものに対して対応できる知識や技能というものが求められます。

次に予防医学的な見地です。

過疎地医療は、健康診断や予防接種というものも含まれて居ます。

疾病などに対する直接的な処置ばかりではなく、予防的な目線においても医療サービスを提供することとなるでしょう。

こうしたものの他に、相談・介護などといった分野に携わることもあります。

更には、定期巡回診療や往診なども場合によっては必要となるのです。

先のようなもの全てを含め「過疎地医療」と呼ばれているのです。

医師不足や従事者不足と言った問題がありますが、派遣を含め、徐々に各市町村において整備は進められています。

また、小さな診療所であることが多いので大きな疾病・特化した設備などが必要であると判断された場合には大きな病院への紹介なども必要となります。

ですから、地域医療と連携をしたり中核・それ以上の規模である病院と提携をしているケースも見られるようです。

過疎地医療は100%の状態で整っているわけではありませんが、様々な努力を地域・市町村・国などにおいて行っているのです。

過疎市町村のMAP検索 – 過疎物語(kaso-net)
精力剤口コミ